読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中京記念】昨年覇者のスマートオリオンの気になる追い切りは?

キャンプに行ったら虫に足を刺されてしまいました。破裂しそうなほどに腫れています。みなさんも山や海では虫対策なさってくださいね...

 

今週は中京記念ですよい!

中京記念 追い切りチェック

アルマディヴァン 高橋文

美浦坂路稍重

54.9-39.3-25.5-12.3

前走エプソムカップから、だいぶ良化してきました。首の使い方からは走る意欲が感じられますし、前駆の可動域も大きくとれてパワフルです。ただ去年に比べると少し劣る印象。

カオスモス 森

栗東坂路良

49.6-36.7-24.5-12.6

ちょっとバランスが悪いですね。並走で相手をしっかり突き放してはいますが、少し重苦しい雰囲気を感じます。

ガリバルディ 藤原

栗東坂路良

52.8-38.3-24.3-12.5

ディープらしい跳べる挙動で駆け抜けていますが、こちらもバランスがあまり良くないですね。みぎ、ひだりと寄れてしまい、最後に甘くなったところでムチを入れられています。

ケントオー 西橋

栗東坂路良

52.2-37.7-24.7-12.6

単走で強めの内容です。

馬も強めのサインに対してしっかり応えており、馬体も充実しています。この内容であれば評価できるタイミング。抜群とまではいかないので、あとは相手関係でしょうか。

スマートオリオン 鹿戸  

美浦南W良

56.8-41.1-13-3

昨年時と比べても、身体のハリに大分差があるように見えます。動き自体は軽快ですが、ここ最近の低調なパフォーマンスを覆すほどではありません。

タガノエスプレッソ  五十嵐

栗東坂路良

52.6-38.2-25.1-12.8

前走、逃げがハマった当馬です。今回も間隔は短いですがきっちり仕上げてきました。良い状態をキープして出走できそうです。脚の持続性がやはり優れているようで、追い切りでも力が最後まで抜ける感じがありません。

タガノエトワール 渡辺

栗東CW良
80.2-64.6-50.5-37.2-12.0
単走で馬なりですね。細かいステップを刻むタイプでキンカメっぽさのある造りです。
馬体は大きく見せているのですが動きがどうも固く、まだまだ良化できそうな雰囲気でした

ダッシングブレイズ 吉村

栗東CW良
82.1-66.0-51-7-38.7-11.7
珍しくコース追いで単走です。
休み明けでいつもと異なる最終追い切りというのは気になります。
最初はこじんまりとした動きでしたが、追われてからはフットワーク大きく動き、身体も大きく見せています。ルメール配置で本気度は高いのでしょう。

ダノンリバティ 音無

栗東坂路良
53.9-38.0-24.2-12.1
馬なりから若干強めで終いを追われ、併走馬に先着します。
休み明けですが跳べる挙動で軸もしっかりしておりフットワークも軽そうです。
なかなか良い内容の追い切りですね。武豊配置でここを獲りに行く意思が感じられます。

ダンスアミーガ 中武

栗東坂路良
52.5-38.3-24.9-12.7
首が高く軸もブレています。
馬体は良い雰囲気があるのでこの短期間での良化の可能性はわずかながらありそうです。

ピークトラム 橋口

栗東CW良
74.3-57.6-41.7-11.8
小牧絶賛のピークトラムは3頭併せの内です。
終始馬なりのまま先着できている点は素晴らしい。身体も重厚感があり抜群ですね。ぼくも一緒に絶賛したいと思います。笑

マイネルアウラート 高橋裕

美浦南W良
69.8-54.7-39.9-12.8
あまり追い切りと内容が合致しないタイプです。動きはかなり良いです。
ステゴ産駒ですが軽い走りをするタイプで馬場適性で結果が大きく変わるタイプでしょう。
今回は適正が合わない可能性が高いです。

最終追い切り評価

5.0 ナシ
4.5 ナシ
4.0 ダノンリバティ、ピークトラム
3.5 ダッシングブレイズ、ケントオー
3.0 タガノエスプレッソ、マイネルアウラート

トウショウドラフタの追い切り映像が無いのが残念ですが、全体の最終追い切り評価は以上のようにさせていただきました。
トウショウドラフタの追い切りを高評価としていたら、人気馬を上から5頭評価することになっていました。
荒れる中京記念のイメージですが、それとは異なる結論になってしまいましたね。

その中で、◎評価はダノンリバティにします。
過去レースや適正値を考慮するとダッシングブレイズは固いのかな、と個人的には思っていますが、ダノンリバティの追い切り時計は非常に魅力的です(過去比較という意味です)

ピークトラムも馬体が完成されてきた感じがありますね。