読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【新潟記念2016】最終追い切りを含む各馬の本気度を探ります

f:id:yomouma:20160902050036j:plain

こんにちはよもうまです。

さくっと傾向を確認します。

 

f:id:yomouma:20160902050119p:plain

速い上がりを必要としながらも好走パターンは前目からの押し切り。
直線がタフではないので脚が止まりにくい点がポイントとなってくるため後方からは差し切りにくい。
ある程度直線で前目のポジションから伸ばせる馬が適正値高めです。

 

 

新潟記念 2016 最終追い切りチェック

 

アデイインザライフ 荻原

 

美浦 南W 稍重 単走
82.2-66.1-51.3-37.4-12.9

重賞挑戦は皐月賞以来。
大型馬らしくゆったりした走法で新潟は少し軽すぎるイメージ。パワーバランスも前駆寄りでスピード特化型ではありません。
状態も特段良いという風ではないです。
馬場が重くなるようなら。

 

アルバートドック 須貝

 


栗東 CW 稍重 単走
84.0-68.2-53.8-39.5-12.9
基本的に自身でトップギアにあげることを苦手としているので坂補正は欲しい。

新潟だとそれが無いので適正値的には落ちます。斤量も上がるタイミングです。

ちょっと中間も含めて負荷が足りないような印象ですね。

 

アロマカフェ 小島太

 


美浦 南P 良 単走
66.1-50.9-37.1-12.1

久しぶりに追い切りを見ました。

元々の新潟適正値は高いですが加齢の影響は出てますのでスパイスが欲しいところです。ピーク時と同じようなレースチョイスはあまりよろしくない。

左回りを意識してかポリ調教です。動き的にはまずまずですが厩舎的には本気度は低いです。

 

エキストラエンド 角居


栗東 坂路 稍重 併走
53.8-38.1-24.5-12.4

この馬に関しては先日の馬体チェックに記載しました。

前走から入念に乗り込まれており、最終も意欲的に走れていることから状態は非常に良いです。
距離延長で新境地を開拓していることからも本気度は高い一戦です。

エーシンマックス 西園

栗東 坂路 稍重 併走

54.4-39.3-25.1-12.7

強く追われており、それに応える力強さは感じられます。

初の重賞挑戦です。新潟にフィットするストライドです。あとはうまくペースを握れるかでしょう。
この馬好走パターンのラップは刻めないというのが現時点での予想ですが状態面でカバー出来る位置にはいます。

 

クランモンタナ 音無

 

栗東 坂路 稍重 併走
51.2-37.9-25.4-13.1
ちょっと反動があってもおかしくない前走でしたが、それでもまだ追い切りでかなり強く追います。しかもそれにしっかり応える強さがありますね。動きは良いです。

ここにきてやっとこの馬の闘争心がピークに来ていると感じています。前走はフロックではありませんね。

斤量も2キロ増しで速い上がり勝負となると適正値的には下がりますが、状態の良さで巻き返したい。

サトノギャラント 藤沢

 

美浦 南W 稍重 併走
71.2-55.1-40.8-13.2
加齢の影響が強く、基本的にもうマイルの流れには対応できません。
ですが、2走前に新潟大章典で2000mを経験したときと比べると状態は上がっています。
道中の流れに対応するには距離延長というのがエキストラエンド同様ベストの選択になってきます。
あとはそれに馬が応えられるかですが、追いきりを見る感じだと応える余裕はある。

あとはアプローチしてあげる騎手側に最良の選択ができるかどうか。

 

ダコール 中竹

 

栗東 坂路 稍重 単走
55.5-39.8-25.4-13.0

いつも通りの調整的な内容。

変わらないという点では評価できます。

軽い走りができる馬ではないので新潟になってくると適性は落ちますがしっかり状態はキープできている点は強み 

バーディーイーグル 国枝

 

美浦 南W 稍重 併走
68.0-53.1-38.9-12.8

キレを生み出せるタイプのストライドで軽い芝はフィットします。
むらさき賞のラップは直接ここにつながるイメージ
追い切りはコース追いでした。馬体が重なって見えにくいですが、内容的には物足りないです。まだ重さがある感じ。

ファントムライト 藤原

 

栗東 坂路 稍重 併走
53.1-38.6-24.7-12.2
前走は休み明けで万全ではないような雰囲気でした。
あまり坂路で走らないタイプですが、併走馬に遅れをとっているとはいえ、今回はタイムも含め非常にパワフルで充実しています。
前走使った効果が感じられる追い切りでした。適正値的にも合う舞台です。

 

フレージャパン 森

 

栗東 坂路 稍重 併走
51.4-37.8-24.7-12.4

適正面以上にポテンシャルの面で少し厳し感じはありますが、追い切り自体は意欲的に走れていて評価できます。
斤量の下がるタイミングで状態面とリンクしてうまく弾けることが出来るか。

ベルーフ 池江

 

栗東 CW 稍重 併走
84.5-68.7-53.8-39.7-12.9

べルーフについても馬体チェックにある程度記載しています。
コース追いでも遅れをとっています。絶対的なスピード勝負では分が悪い。
馬場が重くならないことには出番は無いです。

マイネルディーン 鹿戸

 

美浦 南W 稍重 併走
69.3-53.9-40.2-12.9

持ってるポテンシャル、適正値ともに低いと判断しています。
追い切り自体はしっかりハリもある馬体で馬なりながらも意欲的に進めています。
ただ頭が高いところからも新潟はフィットしにくいですね。

マイネルミラノ 相沢

 

新潟 芝 稍重 単走
68.5-52.2-37.0-12.0

馬体写真では疲労感によるダウンを指摘しましたが動きは軽快そのものですね。
新潟での滞在競馬で意欲も抜群。
ある程度上がりの部分は自在に対応できる強みがあります。

ムスカテール 友道


栗東 坂路 稍重 単走
54.7-40.0-25.4-12.5

ローテ的にはあまり評価したくない使い方です。
休み明けですがしっかり乗り込まれてはいます。

ルミナスウォリアー 和田

 

美浦 南W 稍重 単走
69.9-54.9-40.0-13.7

しっかり外を周って意欲的に走れています。
筋肉もハリが出てきて中間も入念に消化されています。
単走で済ませているのも好感が持てます。
跳びのある馬で新潟の直線は合いますが、同時に前駆にパワーが寄っているので馬場が重くなればより一層期待が出来る一頭。

 

ロンギングダンサー 勢司

 

美浦 南P 良 併走
81.0-64.9-50.7-37.3-11.9

軽い馬場に対する適正値は昔から持っていて速い上がりは得意舞台です。
ポリ調教で馬なりのまま併走馬を寄せ付けない動きです。
馬体のハリも上々で調子の良さがうかがえます。 

追い切り評価


【5.0】


【4.5】
エキストラエンド
クランモンタナ
ファントムライト
マイネルミラノ


【4.0】
エーシンマックス
ダコール
ルミナスウォーリアー


【3.5】
フレージャパン
ロンギングダンサー


【3.0】
サトノギャラント

 

最終評価

 

上位評価した4頭から絞り込む形でピックアップしたいと思います。

 

エキストラエンド

クランモンタナ

ファントムライト

マイネルミラノ

 

新潟記念の枠優位は無く基本内外フラット。

 

クランモンタナは速い脚が無い&前走の結果の残し方から判断すると積極的に前目につけて行くスタイルがベスト。

そうなると大外(しかも18頭立ての18番)で速く流れる新潟2000だと、あまりにも序盤で脚を使いすぎる格好。

 

ファントムライトは2走続けての2桁着順だと内面的には充実してない可能性があります。

好走時に乗っていた戸崎を配備できなかったのも少し残念。

 

と、なるとあとはエキストラエンド&マイネルミラノという形です。

 

競走馬ピークにきているのはマイネルミラノです。斤量アップで前に重心がかかるレースで粘りこむことができるかがポイントです。

 

エキストラエンドは枠は良いところに入ったと思います。そこまで前にはつけないでしょうから直線で馬群を捌けるか。今の岩田Jだと勢いが薄いです。好きな騎手ですが。

角井陣営はしっかり作り上げてきてる感じはあるので本気度は高い。

 

あとは個人的なイメージから

 

◎エキストラエンド

◯マイネルミラノ

 

地力では充実度高いマイネルミラノでしょうが、枠とポジション的にはエキストラエンドかなといった結論です。

 

4.0評価からは

ルミナスウォリアーは割引材料少なく期待値高めです。

 

ダコールはやはり適正値で少し下がるイメージ。

 

 馬体チェックはコチラ

 

yomouma.hatenablog.com