読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本を代表する10の厩舎の追い切りの特徴

追い切りの見方

f:id:yomouma:20160905042125j:plain

長く追い切りを見てきたことで得た各調教師別の追い切りの特徴をまとめてみました。

 

厩舎別追い切り特徴

 

藤原厩舎

近年の代表馬
ストレイトガール・トーセンラー・エイシンフラッシュ

基本的に最終は坂路で行います。
この厩舎はレースを通して身体を仕上げるタイプで、叩きのレースでは馬にストレスを与えないような競馬をします。
後方待機から直線だけ伸ばす、馬のリズムで先行させる等。勝負騎手は戸崎J。

角居厩舎

近年の代表馬
ルーラーシップ・エピファネイア・リオンディーズ


角居厩舎は中間の本数が多めのときは本気度が高いタイプ。
最終は坂路のときもあればウッドチップのときもあります。それは馬のタイプによります。
コースで最終を迎えるときは3頭併せの最内を走る馬が本当に仕上げたい対象の馬です。

音無厩舎

近年の代表馬
ミッキーアイル・カンパニー

坂路追いでスタートから最初から強く追うイメージです。
1F目を13秒台で走れれば本気度高めです。
終いが遅くなることが多いのでそこに惑わされないように注意が必要です。

苦しそうに走らず、しっかり軸がブレることなく走りきることが出来ればOKです。

清水久厩舎

近年の代表馬
キタサンブラック・トウケイヘイロー

最終が馬なり調整。

小島厩舎

近年の代表馬
ディサイファ

最終の追い切りで明らかに動けている馬。
併走馬を突き放すor単純に時計が速い

友道厩舎

近年の代表馬
マカヒキ・ヴィルシーナ

一週前の追い切りを一杯でやって、最終が単走で馬なり調整。

 

国枝厩舎

近年の代表馬
アパパネ・マツリダゴッホ

最終を馬なり調整。併せ馬を突き放すような心身状態になれているようだとOK。

信頼騎手は蛯名。

松田国厩舎

近年の代表馬
ダノンシャンティ・ダイワスカーレット

中間の本数が多め
最終はコース追い。

堀厩舎

近年の代表馬
モーリス・ドゥラメンテ

最終を美浦Wで馬なり調整。
最終でも強くやるようだと、まだ仕上がってない証拠。

本気度高い時は外気騎手配備。

池江厩舎

近年の代表馬

サトノダイヤモンド

ジョギングにも満たない非常にダラッとした追い切りをトラックで済ませる。

 

まとめ

今後も随時更新していきたいのですが、逆にここに記載の無い厩舎はその馬の状況に応じて変化をつけてくることが多い厩舎だと感じています。
藤沢厩舎は近年追い切りのスタンスに変化がありますし、同じように一概にパターンを作っていない厩舎もあります。
その辺も含めて追い切りチェックをしてみてはいかがでしょうか。

厩舎の特徴を捉える上で参考になった本

こちらの記事も読まれています