読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ローズステークス】追い切り・馬体チェック2016

f:id:yomouma:20160912024841j:plain

ローズステークス追い切り・馬体チェック

ローズステークス 阪神1800外

f:id:yomouma:20160914121624p:image

例年同じペースで収まっています。

しっかり中緩みしての上がり勝負。

セントライトと同じ世代戦でも、牝馬特有のレース展開で道中はストレスのかかりにくいペース。

とにかく速い脚、速い上がりを持っている馬が有利。それも相まって人気馬がそのまま好走できるレース。

f:id:yomouma:20160914121631p:image

どこが有利というよりも、格の違う脚を持った馬が勝つ。

f:id:yomouma:20160914121637p:image

外が有利なレース。

f:id:yomouma:20160914121642p:image

上がり上位はそのまま好走。何度も言うが速い上がりが必須条件。

以上のデータはKLANから取得しています

シンハライト 石坂

【馬体】

かなり余裕のある馬体です。前駆はある程度筋肉の発達が見られますが、トモはまだまだ。

落ちているワケではないので、大きく減点する程では無いですが、追い切りの動きはしっかりチェックしたい。

 

栗東 坂路 良 並走

54.7-39.5-25.1-12.2

そこまで大きく負荷はかけていないものの、フットワーク大きく状態はまずまず。

何より身体が大きくなりましたね。成長を感じます。

オークスと比べるとまだ見劣りする内容ですが、ある程度走れる状態にはあります。

ジュエラー 藤岡健

【馬体】

ケガ明けということもあり全体的に緩い状態です。それでもかなり筋肉質で身体を大きく見せています。

人気を落とすタイミングですが走れる状態にある。

 

栗東 P 良 並走

64.8-50.2-36.8-11.2

最終だけで言えばチューリップ賞のときと同じ内容。そのときはシンハライトの2着でしたので、ちゃんとした意志をもってのポリ選択でしょう。若干動きの硬さはありますが、伸びはまずまず。ハリはあと一歩。中間はしっかり追われて消化しています。

アットザシーサイド 浅見

【馬体】

凡走だったオークスですが、その時に比べてもまだ見劣る状態。休み明けでも締まりは出ているが筋肉は隆起してきていません。

負荷をかけて良くなるタイプかもしれませんね。

 

栗東 坂路 良 単走

59.8-42.7-26.5-12.5

馬体と追い切りがリンクします。

かなり調整的な内容で決して本気度は高くない。

それでも馬自身は意欲的なのでスムーズな競馬が出来ればそれなりに好走できるタイミング。

アドマイヤリード 須貝

栗東 坂路 良 並走

53.5-38.6-24.8-12.4

軸を持って真っ直ぐ坂を駆け上がってくる。馬なりのままでも速いペースを維持出来る。状態は非常に良いです。

桜花賞でしっかり追い込めたように阪神の馬場はフィットします。

カイザーバル 角井

栗東 坂路 良 並走

54.0-39.0-24.8-12.2

馬なりのままで理想のラップを刻んでおり、並走馬に併せる形でギアをあげます。

完全に仕上がっている印象。

成績は安定しないものの持っているポテンシャルはフルに発揮できる舞台。

クリノサンスーシ 大根田

栗東 坂路 良 単走

53.6-39.0-25.7-12.8

パワフルに駆け上がってはいるものの全体的には少し物足りないです。若干軸がブレている点が強く追われても推進力に変わらない原因。

相手関係からも静観すべきタイミング。

デンコウアンジュ 荒川

【馬体】

これはなかなかですね。素晴らしい馬体でケチのつけようが無いです。

タイプ的には軽い芝で勝負したいのでちょっと勿体無い感じはある。

追い切りが順調なら勝ち負けできる素材。

 

栗東 P 良 単走

66.2-50.2-36.6-11.8

最終ポリは阪神JF以来。

中間はかなり意欲的に消化。それだけあって休み明けでも身体は軽そうでスッと伸ばせるキレがあります。

小回りをこなすよりは阪神の直線で伸ばした方が好走の可能性は高く、陣営の本気度は高め。

 

バレエダンサー 尾関

美浦 南W 重 並走

54.8-39.9-12.9

追われてキレよく伸びます。馬体も上々で、相手関係以上に期待はできる仕上がりです。

フロムマイハート 宮本

【馬体】

ある程度完成してるのでしょうが、ここが限界値なら少しポテンシャルは弱い。

もう一皮剥けそうな筋肉量で、あと一歩かなあというイメージ。

 

栗東 坂路 良 単走

54.6-39.6-25.4-12.3

終いだけスッと伸ばす内容。

馬体評価はしませんでしたが追い切り自体はまずまず。それでもやはり線の細さは気になります。

レッドアヴァンセ 音無

【馬体】

休み明けということを全く感じさせない素晴らしいハリ。筋肉質だが、しっかりスピードも活かせそうな造りでポジション的にもここでの本気度は高いのでは。

 

栗東 坂路 良 並走

53.0-38.8-25.3-12.3

音無流の追い切りとは異なりましたが、終いにかけて一気に伸ばす内容で、馬自身も大きなフットワークで状態は素晴らしい。

馬体と追い切りがリンクしており、評価したいタイミング。

追い切り詳細

【5.0】

【4.5】

レッドアヴァンセ

【4.0】

カイザーバル

アドマイヤリード

デンコウアンジュ

【3.5】

シンハライト

ジュエラー

【3.0】

バレエダンサー

 

結局はここも実力馬2頭の取り捨てにりなってきますが、シンハライト・ジュエラーなら、ややジュエラーかなというのが個人的な見解です。

 

シンハライトは大きな自信はないのですが、最終の動きと中間の内容から察するに、終いだけを伸ばす競馬になる。差し切れなくても問題ない、という意識付けの調教レース。

 

対するジュエラーは大きく成長させて来た馬体で、ケガ明けというのを感じさせない。緩さはあるものの内面は充実、中間も良化。阪神馬場の適正値も高め。

 

ここを獲りに来ている馬からはレッドアヴァンセ、アドマイヤリード、カイザーバルが魅力的。

特にカイザーバルは権利取りがかかっている角井厩舎の馬です。是が非でもここは結果が欲しいし追い切りも素晴らしい。

 

アドマイヤリードは今レースの好走パターンにピタリとハマるイメージで、枠も良いところに入ったし、ルメールを確保できたのはかなり大きいですね。阪神馬場もフィットするし普通に勝ち負けできるポテンシャル。

 

レッドアヴァンセはとにかく状態が良いです。

馬体写真の時点で一歩抜けており、追い切りも素晴らしい。音無×武も鉄板で期待できますね。巻き返すチャンスはある。

 

デンコウアンジュも相当状態は良いです。

 

セントライト記念 追い切り 馬体 チェック