読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【有馬記念】追い切り馬体状態チェック2016

f:id:yomouma:20161220172131j:image

朝日杯は残念でした...

ダンビュライトは瞬発力勝負になると苦しいですね。ミスエルテも同様です。

勝ったサトノアレスは事前評価は全くでしたが、パドック見てすごいデキだなとは感じました。

短距離路線では今後繋がるレースかと思いますが、クラシックではどうでしょうか。

有馬記念 追い切り馬体状態チェック

過去の好走馬を見ていると、やはりかなりタフなコースだけあって直飛の馬が活躍しています。

脚回りについては、中山ですので硬さが必要です。格式のあるレースですが、割と適性がものをいうレースでもあり、波乱も起こりやすい舞台。

人気にとらわれず、しっかり拾っていきたいですね。

 

一週前追い切り映像のある馬

キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノダイヤモンド、サウンズオブアース、マリアライト、ヤマカツエース、シュヴァルグラン

これらの馬の適正についてはこちらの記事にも記載していますのでご覧ください。

 

【追記①】

枠含め、ここ数日で新たに感じていることを追記という形で記載しました。

キタサンブラック 清水

馬体

前の記事でも書きましたが、軽い馬場が最も合う脚回りかつ瞬発力型の逃げ馬なので、今回は全く真逆のレース展開となります。

一週前の追い切りもさほど良くなかったように、馬体もジャパンカップから比べると明らかに落ちています。

脚質と心肺能力から大敗までは考えにくいですが頭は無いイメージ。

同じような展開の宝塚や昨年の有馬のように、キレ脚を使えずなんとか筋持久力で粘る流れになる。ジャパンカップのように突き放す競馬はできない。

 

→最内ゲットです。

内が活きるようなら脚を残す可能性はある。

逆に内が柔らかい状態であればより適性を落とします。

そしてスローは考えにくいので自ら脚を使って進出する必要が出てきます。そうなると必然的に必要になってくる能力は持続力です。

ゴールドアクター 中川

【馬体】

前走も良かったのですが、さらに身が締まって究極の状態です。今年1番良いですね。

身体の造りは万能型ではあるものの、どちらかと言えば長く良い脚を押し出したいタイプです。馬場もフィットするしベストの舞台。

 

【最終】

美浦 南W 良 並走

64.9-50.9-37.3-13.2

追走する形から差し切って突き放す内容。

タフな展開でも余力があり状態は良い。

 

→あくまで推測ですが、キタサンの隣に入っても自身の競馬に徹すると思います。そうなってくるとポテンシャルだけでは弱い。この馬向きのロングスパート的ペースを求めるのであれば逃げ馬を煽る存在が必要になってきます。内枠というのも馬場が柔らかければアウトです。

サトノダイヤモンド 池江 

【馬体】

一週前の追い切りではさほど良く見えませんでしたが馬体は良く映ります。

菊花賞は究極仕上げでギリギリの状態でしたが、今回は身が詰まって筋肉質な身体になっています。

ステイヤー質のあった前走から厩舎力で馬体を切り替えた様な感覚ですね。

馬体の造りから考えると有馬は向いてくるでしょう。ただしストライドを大きくとる走法なのでコーナー加速が見込づらく、その辺が割引材料となってきます。

 

→良い枠に入りました。

外差しが決まるのであれば最高の枠です。

内で揉まれてストライド削って推進力下げるよりも、しっかり外から捲れる枠に入ったことはこの馬にとって非常にプラスに働きます。

サウンズオブアース 藤岡

【馬体】

かなり良化していますね。胸前の筋肉のハリが素晴らしいです。大きく見せていますが、太め感はなく完成された姿。

前走の好走が意外でしたが、適正的にはジャパンカップの流れよりも有馬の展開のほうが合います。

また胸前のパワーアップによって、より中山のタフな直線に向いてきた印象。

 

→やはり見返しても去年より明らかに良いです。近年の有馬記念では、この馬くらい脚元が柔軟なほうがスピード対応できるので今年も当たり前に有力な存在になってきます。

展開次第で対応できる素晴らしい枠に入りました。

シュヴァルグラン 友道 

【馬体】

馬体からは大きな良化は見込めないですが、しっかり高い位置でキープできているようです。

一週前の追い切りが非常に良かったので見た目以上に上昇している可能性はある。

ハマりそうな雰囲気ですが後躯の造りはマッチしません。

なんとか状態面の良さでカバーしたい。惜しい。

 

→展開が合わないので、好位からスッと抜け出す競馬がしたかったですね。

この枠では難しい。

スタミナはあるので脚を使ってでも前目につけたい。

マリアライト 久保田

【馬体】

ラストレースとなりますが、かなり作り込まれていますね。状態は万全です。

中山のタフなレースという点に置いて考えれば、長く良い脚を持っているこの馬にはベストなレースになる訳ですが、それが2500となってくるとちょっと長い。内面も低下している。

 

【最終】

美浦 南W 良 単走

68.9-52.6-38.9-13.0

首を使って躍動感ある走りです。やはり状態は良い。

 

→昨年も外でしたが、今年の外枠は更に苦しい。

ミッキークイーン 池江

【馬体】

まだ若干緩いですね。一線級の牡馬とやり合うのであればもう少し上昇してほしい。

割と万能なタイプではありますが、長く良い脚よりもスパッとキレる脚を使う為、ベストの舞台ではない。また距離も長いです。

 

アルバート 掘

【馬体】

まだ上昇できそうな余地はありますが、それでも筋肉量多くパワフルな馬体です。

直飛でそれにともなったトモの大きさ、また脚回りもグリップ良く走れるタイプです。

以前も記載しましたが、掘厩舎はアルバートで有馬を狙っており、前走勝ったから出走という背景は無いハズです。

戸崎配備で本気度高く後は枠だけ。

 

【最終】

美浦 南W 稍重 並走

68.2-53.9-39.4-12.9

並走馬に離される形ですが、この馬自身はしっかり動けているし時計も問題ありません。

 

→うーん、厳しい枠です。

スパード値が高くないこの馬にとって、現状の中山馬場だと外から捲るのは難しい。

かといって先行も厳しい。ただ時計がかかる馬場であればこの外枠の不利は覆せる。

ヤマカツエース 池添

【馬体】

一週前の追い切り時にも感じましたが、状態うんぬんの前に明らかに距離が長い。

デニムアンドルビー 角井

休み明け、年齢もあるせいか馬体は良く見せていません。

とはいえ馬体の造りは適正の高さを感じさせるものがあり、追い切り次第では抑えたい一頭になりそうです。

前走しっかり外を回して脚を使いたかったですね。インを突いて伸び切れなかった為、あまりレースの負荷がかからず、復帰戦としては消化不良に終わってしまいました。また鞍上不安で角井厩舎としてはチグハグな印象です。

サトノノブレス 池江

【馬体】

ゴリゴリの筋肉でデキをキープ。

ベストは2000くらいでしょうが適正面は高いです。まあただ有力なサトノ×池江のコンビが他にもいますから、そう本気度は高くないでしょう。ポテンシャル的に考えても仮にハマっても一線級だとパンチが弱いのは証明済み。

アドマイヤデウス 橋田

【馬体】

かなり良い状態です。

馬体のバランスも良く展開はフィットするでしょう。追い切りが楽しみな一頭です。

 

→追い切り見れないのが非常に残念です。

マルターズアポジー 堀井

【馬体】

身体の造りからはなに1つ魅力を感じない。

 

【最終】

美浦 南W 良 単走

66.2-51.0-37.1-12.6

非常に真面目で良いフットワークです。

キタサンブラックと似たタイプの逃げ馬ですね。距離適性に疑問がありますが。

ヒットザターゲット 加藤

【馬体】

前走のような軽い馬場よりはタフな馬場のほうが合います。

良い状態からは少し落ち着いてきてしまっている印象ですね。

ムスカテール 友道

【馬体】

表面上は全く衰えを感じない映りですが、やはり加齢の影響が内面に出ています。

サムソンズプライド 杉浦

【馬体】

個人的に好きな馬です。

ですが、ハリ感弱くあまり状態は良く見せていない。馬場適正高め、レース展開にも対応できるので追い切り次第では抑えたい。

 

【最終】

美浦 南P 良 並走

65.0-49.6-35.6-11.9

スピード感はありますが、まだ硬さもあります。

 

追い切り評価

※栗東が壊滅なのでいつもの評価はできません。

 

馬体の造りから考える有馬適正の高い馬は

◎ゴールドアクター、アルバート、デニムアンドルビー

◯サトノダイヤモンド、サウンズオブアース、アドマイヤデウス、サムソンズプライド

 

 

少し早いですがまとめます。

裏付けのない推測ですが、当日は外差しが決まるレースになると思っています。

 

そして展開はワンペースからのロングスパート戦。先行勢が積極的に動き粘る馬たちを外差し馬場を利用した差し馬が仕留めにかかる。そんなイメージです。

 

金土でその傾向が確信に変わったら...

 

◎サトノダイヤモンド

◯サウンズオブアース

 

穴馬としては

適正値&状態高めで時計がかかる馬場ならばアルバート。

理想の進路を取れればデニムアンドルビー。

一線級のポテンシャル疑問も適正値高めのアドマイヤデウス。

この3頭は絡んで欲しい。

 

いずれにしても追い切り評価というのがこのブログにおいて高い重要度を要している為、追い切り映像のない今回のレース予想はあまり価値がないのかなと感じています。

 

 

【追記②】

金土の馬場を見て。

踏み固められてきて上がりは速くなってきているようです。

特に内の柔らかさが固まってきているため、イメージ的には内外に大きな差は無い。

去年と同じような馬場状態と見て間違いないです。

 

展開は大きく緩むことのないワンペースラップからのロングスパート戦。

マークされるキタサンが逃げ馬の為、各馬の仕掛けは早く、先行勢でも必然的に長い脚が必要になる。

 

◎サトノダイヤモンド

◯アドマイヤデウス

▲アルバート

△サウンズオブアース

 

 

関連記事