読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AJCC 馬体・追い切り状態チェック2017

f:id:yomouma:20170118193925j:image

AJCC 馬体・追い切り状態チェック2017

結論まで更新しました

 

 

f:id:yomouma:20170118193927p:image

f:id:yomouma:20170118193946p:image

前半はバラつきがあるものの、中盤から持続ラップが続きます。

上がりも速くなりにくいコース形態のため、その中盤のラップを引き継ぐ形でスパートがかかる。

極端に前半が緩まない限りは持続性が求められる展開になります。

 

データ取得先

無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

 

ゼーヴィント

木村厩舎

ディープインパクト産駒

美浦 南W 良 3頭併せ中

52.8-38.4-12.7

完璧に近かったセントライト記念と比べると、さすがにまだ造りこまれていません。

トモは甘く、全体を見てもこじんまりとまとまってしまっています。

 

動き自体は大きなフットワークで走れており前走時と見比べても遜色無い。

大きくストライドをとって走る馬ですが、馬体がコンパクトにまとまっているのでコーナーでも減速しないし、トップスピードに入ってからの持続性も高い。 

持続力ある後躯でグリップある脚まわりです。このレースに対する適正はしっかり持っています。

 

 

リアファル

音無厩舎

ゼンノロブロイ産駒

最終追い切り

栗東 坂路 稍重 並走

50.5-37.0-24.6-12.7

全体的に筋肉の隆起が感じられ、前走からの上昇が確認できます。状態面は相当良い。

その反面適正値は若干落ちます。

曲飛ぎみの後躯で基本的な展開は合わない。また手足も長いので中山コースもベストな選択とはならない。

 

追い切りでは破格の時計です。

中距離馬でこれほどの時計はなかなか無いですね。

終いも映像を見る感じでは垂れていないし、しっかり最後まで走りきっています。

 

 

ルミナスウォーリアー

和田郎厩舎

メイショウサムソン産駒

最終追い切り

美浦 南W 良 併走

70.2-54.5-39.7-13.5

ちょっと全体的にボテっとして締まりのない馬体。トモもボリューム感が物足りなく完成には遠い。

追い切りも軽い調整です。

 

 

タンタアレグリア

国枝厩舎

ゼンノロブロイ産駒

最終追い切り

美穂 南W 良 並走

84.8-68.5-53.3-38.4-12.6

毎度あまりよく見せないタイプですが、しっかり部分部分に目を向けると状態の良さを感じさせてくれる馬体です。

ただ手先が軽く胴もスラッと伸びており、中山の2200だと忙しすぎる。

ここでしっかり叩いて次走狙いでしょう。

 

追い切りでは終いを強く伸ばす内容で、馬自身も意欲的に消化しています。

 

シングウィズジョイ

友道厩舎

マンハッタンカフェ産駒

最終追い切り

栗東 CW 重 併走

81.6-66.7-52.3-38.0-12.3

適正は高いですが、仕上がりは甘い。

相手関係から考えても叩き台になるでしょう。

牡馬相手にしっかりここを獲りに行くのであれば、このような仕上げ方はしない厩舎です。

 

その反面、追い切りでは良く動けている一頭です。

大きな馬体ですが非常に推進力のある動き。リズム良く進めてどれだけ脚を残せるか

 

 

クリールカイザー

相沢厩舎

キングヘイロー産駒

最終追い切り

美浦 坂路 良 単走

51.7-37.2-24.3-12.1

前走アルゼンチン杯は馬体を大きく見せており状態も良さそうでしたが結果がついて来ませんでしたね。

今回はそれにやや劣るくらいのデキですが状態としては良く映ります。

中山コースで適正値も上がるタイミング。

追い切りでは単走ですがとても意欲的に走れています。

 

 

クラリティスカイ

斎藤誠厩舎

クロフネ産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 南W 良 併走

80.8-65.7-52.0-38.5-13.2

金杯の時点で馬体がしっかり造り込まれていました。

追い切りを見る感じだとその良い状態がキープされていることがわかります。

距離イメージだと延長は歓迎ではないのですが、やはり中山適性値は高い造りだし持続性を求められるレースならポテンシャルは発揮できる。

 

 

 

 

 

 

ミライヘノツバサ

伊藤厩舎

ドリームジャーニー産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 南W 良 単走

69.3-53.9-40.2-13.0

 

 

サイモントルナーレ

田中厩舎

ゴールドアリュール産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 南D 良 併走

66.1-52.0-38.5-12.2

 

 

シルクドリーマー

黒岩厩舎

タニノギムレット産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 南W 良 併走

68.2-53.7-40.2-13.9

 

 

ナスノセイカン

矢野厩舎

ハーツクライ産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 南W 良 併走

67.7-51.9-38.4-13.3

初動からかなり負荷がかかっているにもかかわらず、余裕のある併走馬に対してしっかり食い下がる強い闘争心を見せています。

内面はかなり充実していますね。いい馬です。

ただ飛びの大きい走法であることから中山はベストの選択ではないように思えます。

騎手もレベルダウンで少しもったいない。

 

 

ホッコーブレーヴ

松永厩舎

マーベラスサンデー産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 坂路 良 併走

53.2-39.3-26.3-13.3

 

 

マイネルフロスト

高木厩舎

ブラックタイド産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 南W 良 併走

67.9-54.0-39.2-13.2

 

 

マイネルメダリスト

田中厩舎

ステイゴールド産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

美浦 南D 良 併走

65.5-51.5-38.1-12.2

 

 

ワンアンドオンリー

橋口厩舎

ハーツクライ産駒

馬体写真ナシ

最終追い切り

栗東 CW 重 単走

70.9-53.4-38.8-12.1

前走で田辺騎手に乗り変わり積極的な競馬を見せました。

追い切りでも前走のタイミングから単走で走っても時計が出るようになって来ているし、相手関係の落ちる今回は個人的に復活を期待したいタイミングです。

依然頭の高い走法ですが、動き自体には意欲があって良いでしょう。

曲飛なので前目でいってもしっかり溜めて弾けたい。

継続騎乗で期待値アップ。

 

 

 

 

 

 

状態評価

5.0

リアファル

 

4.5

クラリティスカイ

 

4.0

ゼーヴィント

クリールカイザー

ナスノセイカン

タンタアレグリア

 

3.5

シングウィズジョイ

ワンアンドオンリー

 

3.0

 

結論

全頭記載できませんでしたが結論に持っていきます。

 

馬場状態は内が若干重そう。

外はしっかり伸びる馬場。

 

インをそつなく乗りたいのはクラリティスカイ。

距離延長と鞍上ダウンで評価は下がる。

ミライエノツバサは最内活かして逃げでしょう。それを見ながらワンアンドオンリー、スタート良ければクリールカイザー。それらを見ながらリアファルといったところでしょうか。

 

この脚質バランスであれば大きく緩むことはない。ほぼ例年通りの持続ワンペース。

 

 

◎リアファル

手足が長いため内に包まれるとコーナーで減速する可能性が高いが、程よく外に配置されました。

状態面非常に良くパワー馬場歓迎。

 

 

関連記事