読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きさらぎ賞 馬体・追い切り状態チェック2017

きさらぎ賞 馬体・追い切り状態チェック

f:id:yomouma:20170131052640j:image

更新情報

有力馬の馬体チェック完了

 

サトノアーサー

池江厩舎

ディープインパクト産駒

一週前

栗東 坂路 良

56.2-40.5-12.8

 

最終追い切り

栗東 CW 不良 並走

53.8-38.2-11.4

相当量のトモの筋肉で全体のバランスも良い。

ちょっと格が違う雰囲気を身にまとっています。

足回りはグリップ強そうな立ち気味の繋ぎです。その点が京都の軽い馬場でどうかなといったイメージはありますが相手関係から考えてもほとんど無視していいレベル。

ストライドは広いタイプなのでコース形態の恩恵は受けることができるタイプ。

川田騎手は大丈夫なのかな?

 

最終追い切り

ん、化け物かなw

本質的にマイラーなんでしょうね。トップスピードが素晴らしい。順調です。

今回は状態の良さとポテンシャルで勝負です。

適正は高くありませんが...まあ問題ないでしょう。

 

 

ダンビュライト

音無厩舎

ルーラーシップ産駒

一週前

栗東 坂路 重

51.7-38.1-12.9

 

最終追い切り

栗東 坂路 重 並走

51.4-37.8-24.9-12.6

個人的に期待している3歳馬です。

状態良さそうですね。一週前の追い切りも動けていそうです。

トモも抜群に良いワケではないものの、ある程度のラインには達しています。

なによりこの馬は京都は合う。足回りが良い意味で華奢なので軽い馬場でこその馬。

ちょっと皐月で走る造りではないのでここで好走してダービーに繋げたいところ。

 

最終追い切り

入りから早いペースで終いは少し鈍って並走馬に抜かされますが、軽いフットワークで状態は良いです。

 

 

 

アメリカズカップ

音無厩舎

マンハッタンカフェ産駒

一週前

栗東 坂路 不良

44.8-15.2

 

最終追い切り

栗東 坂路 重 並走

非常に状態が良く見えるのがこの馬。

筋肉のハリは現時点ではこれ以上は望めないところまで来ています。

ただ全体のバランスが悪く、足回りも軽さはないので適正自体は高くない馬です。

 

最終追い切り

ダンビュライトの並走馬でした。

ということでダンビュライトに先着です。非常にパワフルな走りでこちらも状態は良いですね。

対照的な脚使いでこちらは適正落ちです。そのぶん坂路で先着できたといってもあながち間違いではないと思います。

 

 

プラチナヴォイス

鮫島厩舎

エンパイアメーカー産駒

栗東 坂路 稍

58.3-42.4-14.1

 

最終追い切り

栗東 坂路 重 単走

56.6-41.3-26.2-12.7

脚長くグリップ良い造りで、合いそうな京都でもある程度好走条件は必要。

あまり溜めたくないので展開は流れてほしい。

トモは良質で状態も悪くありませんが、全体のバランスがまだ成長途上でちょっとモロさがある。

 

最終追い切り

追われてない中でも一生懸命走っています。内面は競走馬としてしっかり芯がありそうですが、バランス悪い走りで首も使えません。

馬体見たときの印象そのままに成長してから長い距離で活きるタイプでしょう。まだちょっと勝負しずらい。

 

 

 

スズカメジャー

橋田産駒

ダイワメジャー産駒

栗東 CW 重

79.3-63.8-50.5-37.6-13.2

 

最終追い切り

栗東 坂路 重 単走

53.6-38.5-24.6-11.9

ちょっと京都の1800は適正無いですね。

詰まった胴にゴリゴリした馬体です。足回りだけはまだ硬さに特化してない分、芝でもやれそうですがさすがに京都は軽すぎるし、距離もマイル以下で勝負したいですね。

馬体もちょっと削ぎ落としすぎな面が見られます。

 

最終追い切り

トビが非常に大きく筋肉のバネで走るタイプですね。スパっとキレる脚も持っておりなかなか瞬発力高めです。

ちょっと馬体見たときの印象が覆りました。

 

 

エスピリトゥオーゾ

木原厩舎

栗東 CW 不良 単走

84.1-68.7-54.3-40.7-12.9

雪の中での追い切りでなかなかギアが上がって来ない。強く追われてこの条件の中ではしっかり動けています。

 

 

タガノアシュラ

五十嵐厩舎

栗東 坂路 重 単走

54.7-39.7-25.1-12.4

スパッとキレる脚はありますが、ちょっと全体的に力強さが欠けています。

休み明けだからか、元々のポテンシャルか。

朝日杯2歳のときもちょっと完成度低いと判断しましたが、まあ今回もその判断は変わらないですね。

脚質的には恩恵があるので抑えには拾いたいタイプ。

 

 

マテラレックス

森厩舎

ルーラーシップ産駒

栗東 坂路 重 並走

50.3-37.5-25.0-12.5

前に馬を置いて脚を溜めてからスッと避けてギア解放という流れ。

トビが大きくていかにもルーラー産駒といった感じでスイスイ進みます。

坂路で時計出してくる馬は好きですw

パワーも持ち合わせていて普通にポテンシャルは高いと思うんですが...これで新馬戦新潟で上がり35.8ですからね。遅すぎる。

新馬戦と2戦目でスピード対応確認して、無理だとわかってパワー馬場の中山。それも難しく下り坂恩恵ある京都ですか。重賞ですが判断は間違ってないと思います。今後はダートかな。

 

 

 

 

追い切り評価 

5.0

サトノアーサー

アメリカズカップ

 

4.5

ダンビュライト

 

4.0

スズカメジャー

 

3.5

マテラレックス

 

3.0

タガノアシュラ

エスピリトゥオーゾ

 

結論

雨で迎えるきさらぎ賞となりそうですが、馬場が渋るならより一層サトノアーサーには追い風です。割とパワー質な足回りなのでぬかるんだ馬場でもしっかり捉えることができます。

ちょっとこの完成された馬体とあの終い11.4の追い切りを見せられたら、どう考えても逆らうことはできないですね...w

 

それでもここで中心視する馬は

◎アメリカズカップ

 

ちょっと京都の直線だとキレの面で弱い印象でしたが、馬場が渋るならそれを補うことができます。状態面は本当に素晴らしいので適正が向いてくるのであれば積極的に買いたい馬です。

 

当初はダンビュライト狙いでしたがこの天気だと狙えないですね。

この後買えるレースがないので、しっかりここで評価上げてクラシック戦線に殴り込み...という設定になる予定でしたが、この馬場だと身体の造りとしては苦しいです。

 

 


 

 

 

東京新聞杯関連


 

的中率を上げるために・・