読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きさらぎ賞・東京新聞杯 展開予想

きさらぎ賞・東京新聞杯 展開予想

 

きさらぎ賞

f:id:yomouma:20170203172546p:image

f:id:yomouma:20170203172519p:image

f:id:yomouma:20170203172530p:image

 

基本的な流れとしては、道中中緩みからの瞬発力戦。2歳戦らしいあまりレベルの高くないレースラップです。

 

京都の外回りのイメージだと早め仕掛けのロングスパート戦になりますが、このきさらぎ賞に限って言えば仕掛けどころは非常に遅く、直線に入ってから...という内容となるレースが多い。

 

また仕掛けが遅いため、逃げ残りも多々あります。

なぜ中緩みするレースで仕掛けが遅くなってしまうのでしょう。判断は難しいですが、個人的にはレース経験が少ない状態で京都の下り坂をコーナー加速しながら...という走り自体がこの時期の馬には無理があるんじゃないかと考えています。

 

という点も含めて好走馬には比較的曲飛の瞬間的にキレるタイプの脚を持った馬が多いです。

 

馬体的適正馬

ダンビュライト、タガノアシュラ

 

 

 

 

東京新聞杯

f:id:yomouma:20170203172459p:image

f:id:yomouma:20170203172519p:image

f:id:yomouma:20170203172530p:image

 

こちらは基本的にはハイペースで進む持続戦。スマートレイアーがどちらかというと溜めて伸びるタイプで、その昨年が近年では珍しくスローで進んだレースでした。

1分33秒前後で決まるレースが多くG1と遜色ないようなタイムです。

 

今年のメンバーを見渡すと、前に行く馬はマイネルアウラートくらい。

断然人気のエアスピネルもやや前目で競馬するタイプなので、それを見ながら各馬がポジションを決めるとすればスローで進むでしょう。

基本的に道中はエアスピネルのペースで進むと思われますが、仕掛けは早くなる上、マイネルアウラートもそこそこペースを上げるのではないでしょうか。

 

ちょっと難しいですが、道中はしっかり息が入ることは間違いない。

例年のような持続力に特化したタイプではなく、ある程度上がりの能力も持ったタイプが良いでしょう。

 

 馬体的適正馬

エアスピネル、ヤングマンパワー、ブラックスピネル、マイネルアウラート