読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェブラリーステークス2017 回顧

フェブラリーステークス 2017 回顧

ちょっと結論まで進まなかった今レースでした。

 

ではラップから

12.1 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.3
上り 4F 48.9 - 3F 36.1

 

例年通りのハイペースから今年は一瞬、コーナーのところでガクッと減速したのが12.8のところ。

ここが割と勝負の分かれ目だったような気がしますね。

 

 

では事前の状態評価で振り返ります。

5.0

アスカノロマン

ベストウォーリア→2着

 

4.5
カフジテイク→3着
モーニン


4.0
ケイティブレイブ
ゴールドドリーム→1着
デニムアンドルビー

 

3.5
コパノリッキー
サウンドトゥルー

 

3.0
インカンテーション
キングズガード
ノンコノユメ
ニシケンモノノフ

 

ゴールドドリームは馬体見て、割と酷評したのでその点は反省ポイントです...

追い切りがかなり良かったので上位評価してますが、実馬券は買ってませんw

 

この馬こそ一瞬緩んだ12.8を利用して進出し直線向いたときにしっかり前を射程圏に入れることが出来たワケで、これはデムーロの素晴らしい騎乗だったと思います。

カフジも動いてますが後方ポジだった分コーナーで捲った結果、膨れるしかなかったという感じで、その点は相当なロスだったと思います。まあ追い込み馬の宿命ですが。

 

ベストウォーリアはこの逆に緩んだ分が余計で、ハイペースのまま直線を迎えれれば持続力活かしてそのまま押し切る余裕はあったでしょう。

状態は本当に良かったのでこれはこれで仕方ない。戸崎も馬の波長に合わせてスタミナを上手く使う点では本当に信頼できるジョッキーです。

 

他の馬はまだ考察が終わってませんが、ブログ上は以上にさせてもらいます。

あまり回顧記事見てもらえないのでw

 

来週は3重賞で、中山記念ですね。

 

ちょっとこのブログもスタンスを変えてレース単位の記事ではなく、馬ベースの記事にしようと思っています。

ちょっと死に記事が多いのが残念なのと、更新が遅くなってしまうので。

競馬ブログの宿命ですが。

 

それでは!