読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山記念2017 アンビシャス 馬体状態・追い切り

f:id:yomouma:20170221160124j:image

アンビシャス

音無厩舎

ディープインパクト産駒

母父エルコンドルパサー

 

 

 

 

中山記念

【馬体】

少し細すぎるように感じるほど造り込まれてきました。

トモについては全く問題なく、ほぼ完成に近い状態。やや腹回りから前駆にかけてギリギリの状態で外厩での追い込みが効いてる印象。

昨年好走したここをしっかり獲りに行くという意思が感じられます。

軽さがあって京都東京ベストの馬なので基本適正は低いのですが、相手関係と状態面で期待はできるタイミング。

 

【最終追い切り】

栗東 坂路 重 並走

52.3-38.3-24.8-12.7

やや入り悪く終いもグダっています。

まだ身体が重いかな?終いの脚は完全に体幹を失っています。 

 

 

天皇賞秋 4着

 【一週前】
栗東 坂路 良 単走
60.1-43.3-28.2-14.1
ジョギングのような調整的な追い切りです。
毎日王冠時点で状態面は仕上がっていましたので、このような動きでも全く問題無い。
しっかりレースで負荷をかけて、かつ結果もついてきているので内面も充実しており理想的な出走タイミング。
【馬体】
更に良化しています。過去1番で良いですね。
良馬場が絶対条件のデリケートな足先です。
距離もギリギリなので内枠欲しい。
【最終】
栗東 坂路 良 並走
53.8-39.2-25.2-12.7
ヒストリカルと並走。
珍しく終いにかけて追われるパターンの追い切りです。
しっかり動けているし、馬体の良さから考えても体制は整ったとみて良い。

 

 

毎日王冠 2着

【馬体】いくらかドッシリとして完成されて来た感のある馬体。
状態面は若干緩さはあるものの申し分無く成長分を加味すれば春よりも期待できる造り。
走法と馬体から考慮しても今回のレースはベストの条件。

栗東 坂路 稍重 並走
52.8-39.1-25.9-13.3
馬なりのままこの馬らしい大きなフットワークで坂を登ってきます。
意外としっかり仕上げてきている印象。
入りが13.7でその後もリズムよく伸びており追い切り内容としては申し分ないです。
脚質が昨年と異なり前目で競馬できるようになっているのはプラス。