読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山記念2017 ロゴタイプ 馬体状態・追い切り

f:id:yomouma:20170222160914j:image 

ロゴタイプ

田中厩舎

ローエングリン産駒

母父サンデーサイレンス

 


 

 

 

 

 

中山記念

【馬体】

いつもより少し大きく見せていますが、太め感はありません。そのくらい状態は良さそうでバランスも良い。

 

実績もあるようにここへの適正は高い造りです。昨年の軽すぎた馬場での対応ができなかったことが逆に裏付けになっているように、やはりパワー質に特化したタイプのこの馬にとって中山の1800はベストなコースだと思います。

 

ただこの馬の場合、目標は大阪杯ではなく安田記念。その点を考えると始動が早く(昨年と同じではある)ここへの本気度はそう高くないという設定。

 

【最終追い切り 】

美浦 南W 良 単走

82.5-66.7-51.7-12.9

単走でムチも入るほどにしっかり追い込まれている様子。内容から考えるとまだ仕上がり途上な雰囲気ですが、馬自身はとても軽いステップで調子が良さそう。

軸もブレず集中できている点から内面は初戦であってもかなり高いところにあります。

 

 

天皇賞秋 5着

【馬体】
若干余裕はある馬体です。この程度なら仕上がるレベルですが。
東京の馬場は合うと思いますが、2000は長いでしょう。


【最終】
美浦 南W 稍重 単走
84.9-68.5-52.6-37.7-12.9
思ったよりもしっかり仕上げてきました。
大きく動けておりかなりの良化が見込めます。

 

 

毎日王冠 8着

【馬体】

まだまだ余裕のある馬体。
ここから最終の追い切りを迎えても締まりきることは考えにくいです。
展開を考えても上がりの速さで対応出来ない可能性高く難しい競馬に。

 

【最終】
美浦 南W 良 単走
83.6-67.6-52.6-38.3-12.7
勝った前走比較で見ても調整的な内容だった安田記念に対し、今回はしっかり負荷をかける動きで仕上がり途上。
前駆のボリュームも少し弱い。
動き自体は良く映りますのでそれなりの競馬はできる状態にありますが大きな適正も無いので勝ち切るには積極的な競馬が必須。
ただ状態面から考えてそのような競馬をすることは考えにくいです。