読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生賞2017 ベストアプローチ 馬体状態・追い切り

ベストアプローチ

藤原厩舎

New Approach産駒

 

弥生賞

【馬体】

全体がアンバランスで、これで推進力を生み出せるのかは疑問。

 

脚回りはかなり硬さのあるタイプで、将来的にはダートなのかもしれません。

 

折りの深い曲飛節で長い脚は使えないでしょう。

 

仕上がり自体もまだ良化途上といったところです。

 

【最終追い切り】

栗東 CW 良 並走

85.9-68.6-53.0-38.6-11.8

 

軽く追われていますがしっかり伸びています。

緩い流れからのトップスピードへの入れ方はなかなかですね。