読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生賞2017 結論

f:id:yomouma:20170305015923j:image

弥生賞 結論

事前の状態評価は下記リンク先のコメント欄に記載しています。


競馬ランキングへ

 

ご覧の通り個人的に状態面で際立った馬を見つけることができませんでした。

 

ここ最近5.0、4.5評価の馬から勝ち馬が出ていたので、そこに馬がいないということは今回は見送るということです。

 

 

また今レースの人気馬の信頼度は高くないと思っていて、強いて言えばダイワキャグニーあたりはポテンシャルを感じる動きでしたが、あとは...うーん。

 

 

そのダイワキャグニーもベストコースではない今回の舞台ですし、取りこぼす可能性はありそうです。

 

 

まあ10回やって10回とも勝ち馬が変わるようなレースだと思います。

 

 

レース展開としてはスロースタートの持続スパート戦。

もしかしたらスパートも遅めかもしれませんね。

そうなってくると先ほど記載したダイワキャグニー、またはカデナ、グローブシアターあたりも適正は向いてくる。

 

 

ただコース形態的に瞬発力戦にはなりにくいので、その点を考慮して1頭記載するのであれば

 

◎マイスタイル

 

人気薄ですが、この混戦なら好走するチャンスです。

状態面は現状では整っていますし、適正は高いと判断しています。

まだ完成度が高くないのでその辺が評価しにくいところですが、横典配置でなんとかやってくれないものかなあと期待しています。

 

前走のような競馬ができれば、ある意味前走以上に突き抜けることができるコースです。

 

 

 

ちょっとチューリップ賞で燃え尽きました(笑)

簡単ですが今週はこれでおしまいです。