読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金鯱賞2017 ヤマカツエース 馬体 追い切り

f:id:yomouma:20170306103748j:image

ヤマカツエース

池添兼厩舎

キングカメハメハ産駒

母父グラスワンダー

 

金鯱賞

近走は充実していますね。

昨年の金鯱賞を制して、決して適正距離ではない有馬で4着。

 

この馬体で中山2500をこなすのは理解できません。それくらい内面と馬体が充実しているようです。

 

馬体を見る感じだとトモの筋肉量が増加しているか、またはハリ感がアップしており、近走の好走も頷ける造りとなっています。

 

まあそれでも今回は有馬の時と比べるとやや緩い雰囲気です。

 

また昨年の金鯱賞は異質な展開だったので、あまり参考にはできません。馬場へのフィットは裏付けができています。

 

速く流れても対応できる万能型の造りではあります。

 

【最終追い切り】

栗東 CW 良 単走

81.9-65.8-51.5-37.5-11.7

 

上体の硬さがありますが、脚の運びはスムーズで非常に推進力があります。

直線短いほうがよさそうな走法です。

 

純粋なスピード値は高いのでスローからの展開であれば追い風です。

 

まとめると

スローからの持続戦で、ある程度前目ポジでズブさをごまかせる展開希望です。

 

ヤマカツエースの状態点数は下記リンク先で


競馬ランキングへ