読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神大賞典2017 カレンミロティック 馬体 追い切り

阪神大章典 カレンミロティック

f:id:yomouma:20170314105147j:image

カレンミロティック

平田厩舎

ハーツクライ産駒

 

 

yomouma.hatenablog.com

 

阪神大賞典

【馬体】

オールカマーは完全に適性を外していたので問題になりません。

今回は普通にこなせると思って大丈夫でしょう。

 

馬体を見る感じだとハリ感薄く迫力は抑えられています。

全体のバランスは崩していないので相手なりに走るとは思いますが、それ以外で強調材料が無いですね。

 

追い切り見てからになりますが、状態面はそこまで良くない。

 

 

 

オールカマー 11着

【馬体】
馬体自体は全く加齢を感じない美しい皮膚感です。

間隔は空いていますが太め感の無い程よいハリで状態は良い。


表面上の見た目はフレッシュですが、コース適性は以前のパワー質から軽い馬場設定馬へとシフトしています。

 


栗東 坂路 重 単走
53.0-38.4-25.1-12-7


追い切りでの評価が難しくなっている馬です。

あまり追い切り自体と結果はリンクしません。 


ただ時計は天春時と変わらない内容で、そこだけを判断材料にするならば評価をしても良いでしょうね。

タイミング的には静観の場面です。