読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経賞 高松宮記念 回顧

日経賞

6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 -12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 

事前の状態評価

5.0

ナシ

 

4.5

ミライヘノツバサ→2着

ツクバアズマオー

 

4.0

アドマイヤデウス→3着

ゴールドアクター

シャケトラ→1着

 

3.5

ナスノセイカン

フェルメッツァ

 

3.0

シュンヴァルカン

 

 

道中緩んでからの早めスパート。

6ハロン程の持続勝負となりました。

 

◎はミライヘノツバサでした。

全てが想定通りで個人的にちょっと嬉しかったですね。

最後差されてしまいましたが。

 

その差したシャケトラですが、ハッキリした馬体写真が無く、造りの部分でわかる部分とわからない部分が混在している状況で個人的に迷っていました。

ただパドックだけはズバ抜けて良かったですね。

角井厩舎の渾身仕上げだったようです。

たぶん基礎スピードを持ち合わせた瞬発力タイプでしょう。

 

 

ゴールドアクターは逆にパドック見て微妙に感じてしまいました。

ちょっと集中しきれてない様子で今回の敗因もその点に尽きると思います。

使ってどう出るかでしょう。そこまで悲観する必要はないですが、ピークは過ぎた印象。

 

 

レインボーラインは良く走ったと思います。確実に適正外でしたので地力の高さを見せつけたと思います。

 

 

ディーマジェスティに関しても悲観する必要はありません。

レースチョイスが悪いだけです。

競争意識が薄れる前にマイルに転向したほうが良い。

二ノ宮厩舎がそんなに悪い厩舎だとは思わないので、どこか陣営内でマイラー路線を拒絶する働きがあるのでしょう。

どう見ても長い距離は走れません。天春は間違いなく敗戦します。間違いなく。

 

 

高松宮記念

12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

予想時間が無く状態評価はカットしました。

◎はソルヴェイグ。

 

こちらは実はかなり自信ありました...w

 

馬体、適正、追い切り、パドック

全てが完璧だと思い、まあ負けることはないだろうと...

 

 

 

 

思っていた自分を殴りたいです。

 

 

やや渋った馬場の中でもペースが速かったですね。

また全く息が入らなかった。

これは先行の瞬発型には苦しい展開でした。

 

 

勝ったセイウンコウセイはまだまだフロック感が強いですが、この馬かなり強いと思います。

 

筋肉量の豊富さをフルに使った弾けるような走りで基礎スピード高め。

 

持続戦で好走していますが、本質は瞬発力タイプだと思っています。

今日のようなレースでも走れますが、溜めたほうが良さが出るはず。

 

そういう意味ではまだまだ上積みがありますしマイルでも走れます。

腰高ですからその分が成長して馬体が完成されればマイルG1に挑戦してほしいですね。

 

 

レッツゴードンキは速いペースの中、マイペースの中で脚を溜めて伸ばしてきました。展開フィット。

 

逆にレッドファルクスは持続脚を活かした3着です。こちらも展開フィット。

 

あとは次走のタイミングで振り返りましょうか。

今週は書き出し遅くしっかり考察できませんでしたので今から大阪杯考えます