読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪杯2017 キタサンブラック 馬体 追い切り

キタサンブラック

清水厩舎

ブラックタイド産駒

母父サクラバクシンオー

 

馬体

久々ですが、全体のバランスは崩れておらず走れる状態にあります。

 

強いて言えば若干トモのハリが昨年のピークの頃と比べると寂しい印象です。

 

まあ昨年は究極の仕上げだったのでそこと比較すると常に下回る為、気にする必要はないでしょう。

 

今回はペースを作るポジションではないので、道中コントロールして息を入れる作業が困難となります。

 

キタサンより前に出る馬の出方にもよりますが、瞬発力型の逃げ馬であるこの馬にとっては試金石の一戦。

 

一週前追い切り

栗東 CW 重 並走

78.3-63.3-49.9-37.2-12.1

 

3頭併せの真ん中を走ります。

速いペースで負荷をかけてますね。

時計も上々ですし、闘争心を植え付ける意味では良い追い切りでしょう。

 

今週はサラッとかな?そこでしっかり軸が出来ていればOKです。

 

最終追い切り

栗東 CW 良 並走

83.7-67.5-52.7-38.7-11.9

 

大外を余裕を持って回ります。

時計的には十分ですが、若干上体が硬いです。

もう少し柔らかい動きができるはず。

 

さてこの状況下で適正外のこのレースを名手がどうアプローチするか楽しみですね。

既に名馬ですが、今回の舞台をこなしたら今後買わないレースは無くなりそうです。

 

下記リンク先コメント欄に5段階評価で状態面を評価しています。


競馬ランキングへ