読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪杯2017 アンビシャス 馬体 追い切り

アンビシャス

音無厩舎

ディープインパクト産駒

母父エルコンドルパサー

 

馬体

ハリが増して大きく見せてきました。

状態面はほぼ完璧でしょう。

 

昨年勝ってはいますが、キタサンブラックの作った緩い流れに乗ったもの。

前目で運んで瞬発力で差し切った内容は評価するべきですが、今年は脚質転換に加え展開も昨年とは異なります。

 

自分のリズムを守って終いにかける騎乗なら頭は無くとも3着なら...

乗り替わりで福永?なら、タイプ的にはあまりフィットしないと思います。

 

一週前追い切り

栗東 坂路 重 並走

52.1-37.5-24.8-12.8

 

終い12.0-12.8という流れですが、最後は意図的に落としたというよりかは「脚が止まって」しまいました。

 

一走叩いていることと馬体の様子からして状態を崩しているということは考えにくい。

それでも追い切りには不満が残ります。

 

 

最終追い切り

栗東 坂路 良 並走

51.6-38.3-25.3-12.8

 

入り13.3ですか。速すぎです。

その為、並走馬に余裕があるのに対してアンビシャスは限界に達しています。

 

動き自体はパワフルですが、結果的に差し切れない形となった追い切りです。

 

一週前がパッとしなかったので、今週も負荷をかけた形でしょうか。

その辺の意図をつかむことが個人的な課題ですが、少なくともここ最近の中では不安な内容です。

 

 

下記リンク先コメント欄に5段階評価で状態面を評価しています。


競馬ランキングへ