読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞2017 ジューヌエコール 馬体 追い切り

ジューヌエコール

安田厩舎
クロフネ産駒
母父アグネスタキオン

 

馬体

華奢な印象が消えしっかり成長した姿が確認できます。


やや前駆よりのパワータイプだったのが、トモが発達して蹴り返しに良い影響が出そう。


クセのない造りで、ある程度どの馬場&展開でも対応はできるが決め手は少ないです。
皮膚感良く状態はかなり良い。


前走は不利があったので全く悲観する必要はありません。
むしろ折り合いがついて相手強化のこの舞台でも結果を残せるでしょう。

 

最終追い切り

栗東 CW 良 並走

84.1-68.3-53.1-39.0-12.5

 

前に1頭置いて外を回して差しにかかるところで抑えられる。

馬自身は差しに行きたい感じで内面は意欲的でした。

 

ちょっと追い切りからは状態面の確認は難しい。ただ馬体が良く、闘争心もありそうなタイミングです。

 

下記リンク先に状態面を5段階評価で記載しています。


競馬ランキングへ