読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞2017 ライジングリーズン 馬体 追い切り

ライジングリーズン

奥村厩舎

ブラックタイド産駒

母父キングカメハメハ

 

馬体

ブラックタイドと言えばキタサンブラックですが、同じ産駒でも造りは異なるようで、こちらは母系の影響が強いようです。

 

かなりまとまった造りで小さめの骨格にギュッと筋肉をつけたような感じです。

 

前走を見ていても持続特化タイプの脚で、弾けるような走法。

やや今回は適正外ですが、レースの流れが締まって淡々と流れるような展開になってくれればこのメンバー相手でも勝ち負けできます。

 

状態面は非常に良いです。トモのハリなんかは申し分ない。

 

一週前追い切り

美浦 南W 稍重 並走

68.6-53.7-39.1-13.2

 

並走馬と重なって動きは見えないのですが、持ったままで並びかけ騎手のサインにしっかり反応してギアを上げています。

 

操縦性は高そうで良いですね。

 

最終追い切り

美浦 南W 良 並走

69.1-53.9-39.5-13.1

 

今週も重なって見えません。

馬体が素晴らしいだけに筋肉の使い方を見たかったのですが残念。

 

下記リンク先に状態面の5段階評価を記載しています


競馬ランキングへ