読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞 回顧

波乱の桜花賞

レースラップはこちら

12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 

稍重発表でしたが、かなり水を含んでいるようではっきりと道悪適正が問われる舞台となりました。

 

そのような馬場状況でありながら締まった展開。

ラスト3ハロンでグッとペースアップするものの、終いは時計がかかりました。

 

 

 

当日は晴れるということで、蒸発した上でのやや重かなという事前予想でしたが、終始曇りで水が残る状態。

 

見てくれている方には申し訳ないのですが、直前になって◎を変えました。

 

◎だったカラクレナイ。

どう考えても走法的に現状の馬場は合わないと感じました。

そして無印だったリスグラシューを◎へ...

 

全ては馬場適正。

展開面と枠でリスグラシューを嫌っていたのですが、ここはとにかく馬場適正を重視しようと思いリスグラシューを評価。

 

ソウルスターリングもカラクレナイ同様渋った馬場は合わないとの判断でそのままま2番手評価。

 

 

一応言い訳はこの辺にして...(笑)

 

 

勝ったレーヌミノル。

正直この馬も渋った馬場は合わないイメージだったので驚きでした。

道中締まったことは相当な後押しになったと思います。

次走オークスは長いです。それは周囲が予想している通り。マイルへ向かうでしょう。

なにより今回感じたのは池添は素晴らしい技術を持った騎手だなということ。

 

やはり騎手は自身の意思を持って乗るべきだと思いますね。

馬の能力を出すためにあえて動かないというのも一つだと思いますが、騎手が事前にペースや適正を読んでアプローチすることのほうが大事。

 

田辺、武、デムーロ、そして池添

このあたりはなんとかしようという感じがあって好きです。完全に個人的な評価なので、みなさんの評価はまた別にあるとは思いますが。

 

 

対照的に戸崎やルメールは今年は動かないですね。気持ちよく走らせて直線で出し切るようなスタンスでしょうか。

東京新聞杯の戸崎、先週の大阪杯のルメールなんかは特に顕著にその傾向が出ていたかと。

 

うん。騎手大事。

 

 

 

リスグラシューはとにかく馬場適正が高かった。

こちらもレーヌミノル同様締まった展開になったのも良かったですね。

オークスでこそと言われていますが、個人的にはオークスでは買いづらい1頭だと思っています。

オークスは東京ですが、瞬間的な脚が必要なレースです。

 

 

 

そしてソウルスターリング。

渋った馬場が全てとは思いませんが、結果的にポジションを取らなかったのも、直線伸びなかったのも馬場が原因ではあるでしょう。

嫌がってでももう少し強引に前でポジションとれたら良かった。ただ絶大な人気がそうさせなかったというところでしょうか。

 

 

直前で嫌ったカラクレナイですが、結果4着と頑張りました。

ただし外を回しての4着です。

荒れた内を突いても伸びなかったでしょう。

 

 

アドマイヤミヤビは忙しい展開についていけませんでした。その1点でしょう。

 

 

最後に多くの有力馬の次走となるオークスで評価したい1頭を記載しておきました。

その馬かよって言われそうな1頭です(笑)


競馬ランキングへ