読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞春2017 キタサンブラック 馬体 追い切り

f:id:yomouma:20170426002956j:image

キタサンブラック

清水厩舎

ブラックタイド産駒

母父サクラバクシンオー

 

yomouma.hatenablog.com

馬体

ジャパンカップ時のような究極の状態。

大阪杯は勝ったもののまだ上積みを残した状態で、今回はその上積みをクリアして出走できるタイミングです。

 

昨年の勝ち馬でもあるし適正面は申し分無い。

一つ気になるポイントがあるとすれば、前駆を中心に肩回りの筋肉が隆起しているので前の出が硬くなっていないか。

 

まあ杞憂に終わるでしょうが、細やかな点でも今回の対決には大きく影響するでしょうから気をつけたいですね。

 

有馬記念は割とタフなレースで一定の持続戦ですが、今回は平坦キレ戦。

この馬にとっては大きな追い風になることは間違いない。

 

あとはいい加減に早めに捲る有力馬が現れるかどうかでしょう。

この馬を差しにいくのではなく、早め進出で直線に進出するよりも早くキタサンの前に出る馬が現れるかどうか。

 

基本的には溜めたまま終いの脚を活かしたいタイプの逃げ馬なので、そのギアを上げるタイミングが早めになるように操作できるか。

横典あたりはそれが出来るハズでひとつのキーになるでしょう。

 

 

一週前追い切り

栗東 CW 重 並走

82.7-67.4-52.7-38.6-11.7

全体的にパンプアップしてて、大阪杯のときとは比べものにならないほどスケールアップしています。

 

馬なりですが時計は良くて好調そうです。ただ動きは若干硬い。

 

最終追い切り

栗東 CW 良  並走

98.9-82.0-66.4-52.1-39.1-12.1

まだ上体は高いですが、蹴り返し良く、しっかりリズム良く跳べています。

 

 

状態評価のランク付けはこちらへ


中央競馬ランキングへ