読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞春2017 伏兵馬まとめ 馬体 追い切り

f:id:yomouma:20170428123619j:image

単体で記事にしていない伏兵馬をまとめて記載します。

 

yomouma.hatenablog.com

 

トーセンバジル

藤原厩舎

ハービンジャー産駒

母父フジキセキ

 

足回りが柔らかく前駆を中心に筋肉量があるので、フワッとした滞空時間の長い走りができますが、上体の柔らかさがないのでグッと伸びるような走りができない。

 

表面上の馬体は良いですが、このメンバーに入ると見劣りします。

前走がかなり仕上がっていた中で、余裕残しの上位2頭に完敗ですから、コース替わりで大きく適性を上げることができない今回は静観しても良い。

 

 

ファタモルガーナ

荒川厩舎

ディープインパクト産駒

 

見栄えのしない馬体。銭型が浮いて調子は良いのでしょうが、他の出走馬と相対的に見ると期待はしづらいです。

もっとダラっとした持続的な展開でこそ。

 

タマモベストプレイ

南井厩舎

フジキセキ産駒

 

阪神大賞典時はかなり状態が良くて、今回もその状態をキープできています。

むしろ全体的なバランスも改善されており、現状最高のタイミングで出走できます。

 

ただ年齢的なズブさが出てきていますね。

その辺をうまくごまかせれば浮上もある。

 

 

ラブラドライト

斎藤厩舎

キングカメハメハ産駒

 

スケールがあって柔らかさと持ち合わせていて京都適正は高いが、なかなか追われてもスイッチが入らないズブさがあります。

追い切り時点でその状態なのでレースで良さが出るかは疑問。

 

 

ワンアンドオンリー

橋口厩舎

ハーツクライ産駒

 

前々走でやや上昇傾向にあった馬ですが、前走で結果が出ず、鞍上もレベルダウン、そして外枠となるとかなり難しいでしょう。

 

あと一歩で掴みかけた復活路線が完全に崩れたイメージ。

 

 

ヤマカツライデン

池添厩舎

シンボリクリスエス産駒

 

硬さがあるタイプで京都向きではないです。

また基礎スピードが高いパワータイプなので、中山阪神2000あたりでハイパフォーマンスが出せる造り。

 

状態面のランク付けはこちら


中央競馬ランキングへ