読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞春回顧と雑談

やっぱりゴールデンウィークはバタバタしちゃってブログに当てる時間が限られてきます。

 

そんなゴールデンウィークの真っ只中にウチのガキんちょは誕生日を迎えます。

 

誕生日前日はピクサー展を見に行き

f:id:yomouma:20170502104532j:image

 

当日は動物園

f:id:yomouma:20170502114031j:image

 

3歳にもなると、いろんなことを自分でしたがるようになり、しかもそれが割とできてしまう!

 

服を着たり脱いだり、髪を洗ったり、最近は箸を使ってごはんを食べたりしています。

 

自分がパソコンで競馬を見ていると、お馬さんかっこいいねーとか言って若干興味を持ち始めているようです(笑)

 

喜ぶかなあと思い、先日社台ファームに連れてったのですが、ちょっと予想外に馬の見学時間が短く、全く見ることができませんでした...

f:id:yomouma:20170502115219j:image

 

ただ本人は1番音楽に興味があるらしく、自作のマイクスタンドで毎日歌っています。(笑)

それもあって、誕生日はウクレレを買ってあげました。

本人は「ギター!」といって喜んで弾いています。狙い通り(笑)

 

 

 

さて本題の天春。

◎サトノダイヤモンド

◯シュヴァルグラン

▲キタサンブラック

△レインボーライン

 

素直にシュヴァルを評価した点は良かったと思いますが、◎はサトノダイヤモンドでしたので、実馬券は保険馬券の的中のみ。

 

キタサンが負けるなら今回のようなハイペ展開か、早仕掛けで併せ馬のような形だと思っていたので、それでも勝ってしまうキタサンには脱帽です。

 

シュヴァルとのワイドで良かったじゃん!と落ち込みました(笑)

 

 

メモ程度に各馬の感想を

 

シャケトラはスタート決まらなかったところもありますが、適正的にも落ち着かなかったところはあるでしょう。

2000程度の瞬発力戦である程度パワー質が問われる舞台が理想。

 

 

ディーマジェスティは割と良かったですね。距離の壁を状態面で乗り越えた感じです。長いこと適正ハマるレースに出走できていない背景があるので、距離短縮の持続レースに出てきたときは狙いです。

宝塚出ないのかなあ。

 

アルバート&アドマイヤデウスはキレ脚がないので展開のフォローが必要です。

今回はそれぞれの騎手のベストな騎乗で浮上してきた印象。

 

レインボーラインは3着狙いの競馬でしたが、あまりにも後ろ過ぎましたね。

外枠の影響と前で競馬ができない弱さがモロに出ました。

春&夏はノーチャンスなので、天秋、JCで狙いたいですね。強い馬であることは間違いありません。

 

 

トーセンバジルは馬体の造り的にはG1だと物足りないタイプです。

厩舎の期待度は高いハズなので今後の成長に期待です。

 

 

今週はNHKマイルですね。

なかなか難しそうですが東京マイルは得意です(笑)がんばります。