読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロンテアクイーン 馬体 追い切り

フロンテアクイーン

国枝厩舎

メイショウサムソン産駒

母父サンデーサイレンス

 

ヴィクトリアマイル

馬体

非常にバランスが良く完成に近い形。

やや筋肉のハリが弱く、もうひと叩き必要な雰囲気ですが、スケール感はこの中に混じっても遜色ありません。

それだけにパドックで良く見せるようだと抑えたいところです。

 

ただ脚がスラッと長くゆったりとしたタイプの為、マイルよりは2000あたりで走らせたい馬です。

年明けから1800を使ってきて結果も出てきた中で古馬G1でのマイル変更は舞台替わりとしてあまりプラスには働いてこない。

東京自体は向いているので、極端に忙しくならない展開で徐々にギアがあがるような流れなら。

 

最終追い切り

美浦 南W 重 並走

70.4-55.3-41.4-13.6

 

並走馬が抑えられ減速。そこを軽く促されたフロンテアクイーンが差し切りたい追い切り。結果的には並んでゴールです。

見た目ほど負荷は与えておらずある程度状態は整っている様子。