読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッツゴードンキ 馬体 追い切り

f:id:yomouma:20170509225526j:image

レッツゴードンキ

梅田厩舎

キングカメハメハ産駒

母父マーベラスサンデー

 

ヴィクトリアマイル

馬体

前走は前が崩れる展開が向いた印象で、タフな馬場もフィット。

また高松宮記念時は状態面をあまり評価していませんでしたが、今回は大きく筋肉のハリが上昇しているようで、前走以上のポテンシャルが発揮できるタイミングと判断します。

 

東京マイルはベストではないですが、終いにかけるタイプなので距離対応はできる。

 

パワー質特化なので、東京の直線よりはもっと上がりのかかるコースのほうが良さは出ます。

 

一週前追い切り

栗東 坂路 良 単走

51.3-37.4-24.8-12.6

 

スピード感ある追い切りで馬体の充実度が動きにも現れている様子。

 

最終追い切り

栗東 坂路 良 単走

53.5-37.7-24.1-12.0

 

終いを伸ばす追い切り。

状態に関しては何も言うことはないでしょう。

渋った馬場は追い風ですね。

 

 

高松宮記念 2着

馬体

かなり締まってきた雰囲気ですが、昨年の良い頃に比べるとまだまだ。

 

まだまだというより質の低下でしょうか。状態ピークは過ぎた印象。

 

もともと瞬発型なので終いにかける今の乗り方は合っています。

 

前駆よりの筋肉バランスなので坂はあったほうが良いです。

なので、瞬発力と坂のある中京は合う舞台ですが、単純に差し切れない競馬になるのは間違いないです。

 

高松宮記念は前が残りやすい設定です。

 

一週前追い切り

栗東 坂路 良 単走

50.4-36.1-23.7-12.1

 

ダイナミックな動きで時計も非常に優秀です。

坂路でグッと動く分には適正値は高いですよね。

とにかくこの馬はポジショニングだけ。

 

最終追い切り

栗東 坂路 重 単走

52.4-37.8-ナシ-12.4

 

終いは鈍るような形になってしまいました。

今週は時計が出るだけにこういった挙動は評価しにくい。