読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィクトリアマイル 結論

ヴィクトリアマイル

f:id:yomouma:20170514114321j:image

アットザシーサイド

坂路を60.1で駆け抜けるゆったり調整。厩舎的に、仕上がるとこのような最終を迎えるので準備は整っているのでしょう。ただ馬体写真もないなかで判断材料が少なすぎます。

 

デンコウアンジュ

終いの脚を持っていて展開フィットしそうなタイプですが、追い切り見ているとどうも軽さが足りない様子。

バランスも崩しているしちょっとG1だと物足りなく映ります。

馬場は明らかに良馬場が良いタイプ。

 

状態評価

5.0

アスカビレン

ミッキークイーン 

 

4.5

ジュールポレール

レッツゴードンキ

スマートレイアー

 

4.0

クイーンズリング

ルージュバック

ウキヨノカゼ

 

3.5

アドマイヤリード

 

3.0

フロンテアクイーン

ソルヴェイグ

 

 

気になる馬場状態ですが、やはりある程度は渋った状態での発走となりそうですね。

また展開的に速くなる可能性は低く、消耗戦のハイぺよりは末が活きるような瞬発力勝負になると予想。

 

それでも馬場が完全には回復しない以上、軽さ特化の馬ではなくパワー質を持った馬、なおかつ前で競馬ができるキレ型の馬をチョイスしたい。

 

◎と◯は


中央競馬ランキングへ

印を付けた2頭はリンク先コメント欄に記載します。

 

◎は前受けできて、しっかり瞬発力を持った馬。ハイペだと割引でしたが、今回の設定ラップだと対応できる。

 

◯はこちらもパワー質のある脚回りで状態面をプラスして評価。人気の面からも期待している穴馬です。

展開的に不利を受ける可能性がある脚質なので2番手評価。◎よりも状態面や適正値は高いと感じています。

 

あとは素直にミッキークイーン。

 

ジュールポレールも評価していましたが、良馬場タイプの軽さ特化&持続戦でこそと思っていたので。