読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスグラシュー 馬体 追い切り

リスグラシュー

矢作厩舎

ハーツクライ産駒

母父American Post

 

オークス

馬体

桜花賞時から明らかに良くなっています。ちょっとこれは人気に逆らいにくい。

 

前走は馬場の恩恵が明らかにあった馬で若干ズブいところは見せたもののスイスイ伸びてきました。

ハイペース対応にも強かった可能性が高い。

 

となると割と速くなりやすいオークスではありますが、基本的には瞬発力レースになりやすいコースなので、展開は向いてこない可能性があります。

 

まあただ、状態の良さが顕著ですので対応してくる可能性も高い。

結局はJF、桜花賞で上位入線した3頭はともに著しく状態が良く、またポテンシャルも高いということになりますか。

 

一週前追い切り

栗東 坂路 良 並走

52.2-38.0-24.9-12.8

 

特有の硬さはあるものの時計は出ていて、持続的に良い脚を繰り出せています。

しっかり並走馬に競り勝ち内面の強さも見せています。

 

最終追い切り

しっかり仕上がっています。

後躯も後ろに流れて持続的に良い脚を繰り出しています。素晴らしい。

 

スローなら他馬でも浮上はできますが、ハイペで流れるようならこの馬で鉄板ではないでしょうか。

 

 

 

桜花賞 2着

馬体

かなり雄大な馬体になってきました。
1戦叩いた効果が見られ、ハリ感が前走時とは大きく違いますね。

持続タイプの脚なので阪神マイルは合いません。
ポテンシャルでなんとか好走しているような感じでしょうか。

やはりある程度流れる展開からギアを上げていきたいので、溜めてから一気に開放するような競馬はマッチしにくいところがあります。

 

一週前追い切り

栗東 坂路 良 並走
50.8-37.0-24.3-12.2

馬込みの時間帯で並走です。
時計は良いですが硬いですね。
まあ坂路で動きそうな走法ですのであまり過剰に信頼しないほうが良いですね。

 

最終追い切り

栗東 坂路 良 並走
55.1-39.0-24.6-11.8

一週前とは異なり終いにかけて追われる内容。
とにかく前の出が硬いので、展開は流れて欲しい。

 
チューリップ賞 3着

馬体

やや余裕残しの馬体で、その為バランスは崩れています。

 

それでも体調自体は良さそうな毛艶で、一気に変わる可能性はあります。

 

筋肉のハリもまずまずで力は出せる状態ですが、たぶん反応の良さは出てこないと思われます。

 

阪神JFは出遅れたことで逆に評価が高まっていますが、あの出遅れのお陰(?)で早仕掛けするしかなく、それがスピードの持続力という持ち味を引き出せた要因だと思っています。

 

たぶんスッと出て好位ポジだったらあそこまで弾けることはなかったと思います。

 

最終追い切り

栗東 坂路 良 単走

53.4-38.8-25.0-12.2

 

スピード感やパワフルな面は感じますが、全体的に重心が高くフワフワしています。

 

馬体もまだ余裕があるので、その分動きにも表れていますね。

 

それでも終い12.2ですからポテンシャルは高い。

 

 

 

阪神JF 2着

一週前

栗東 坂路 重 並走
51.8-37.3-24.3-12.4
ハーツクライ産駒。
軸がブレない芯のある馬です。


この時期で11.9-12.4ですから、相当に能力は高いですし、状態面もかなり良いです。 


追われてからの反応も良い。文句のつけようのない追い切り。

 

馬体

トモがしっかりしていて、かつ直飛である為、かなり長くいい脚を使うタイプであると想像できます。

 

それでいて足元も立ち気味の繋ぎなので阪神は合うでしょう。


筋肉の隆起も確認でき、状態面に問題は無いです。ある程度展開が流れてくれると向くタイプ。

 

最終

栗東 坂路 良 単走
55.2-39.5-25.2-12.3
入りが遅いですが綺麗な加速ラップで終いにかけての爆発力を見せています。


ポテンシャルでやりきってしまいそうですが、スローからの瞬発力勝負だと分が悪い。
動き自体は満点に近い追い切りです。

 

リスグラシューの追い切りは素晴らしいです。
なかなか2歳時でこの時計は出せない。  


戸崎ジョッキーというのも心強いですが、やはりもっとタフな展開でこそ。


ハイペースを押し切るのがベストの運び、今回はちょっと適正外。


馬自体は相当なポテンシャルだと思います。
ポテンシャルで勝ちきってしまうかもという保険はかけときますか...笑