読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルシアンナイト 馬体 追い切り

ペルシアンナイト

池江厩舎

ハービンジャー産駒

母父サンデーサイレンス

 

ダービー

馬体

大きな上積みは無いですが、高いところでキープできています。

収縮性はそれほど良くないのですが、やはり蹴り返しが強い。そのため、溜めてから開放するような動きは合わないのですが、一度スピードに乗ってしまえば、その脚を持続することができる。

 

ということも含めてミドル〜ハイ、または先週のオークスのように4角からのスパートがかかるような展開であれば浮上できる。

 

一週前追い切り

栗東 CW 良 並走

83.2-67.4-52.9-38.9-11.4

 

やや強めに追われます。

反応よくギアを1段階上げ加速します。

時計も良く雰囲気も良いです。

 

最終追い切り

栗東CW

52.0-37.7-11.9

引きの映像で動きはわかりませんが、池江厩舎の仕上げ方としては万全です。

ある程度時計も出ているし状態面に問題はないでしょう。あとは展開次第。

 

 

皐月賞 2着

馬体

はっきりとした曲飛で、レースを見ていても蹴り返しが強い馬です。

 

まさに前走の阪神外回りなんかは完全にマッチした印象。

 

今回は内回りになるわけですが跳ぶような、いや、というよりも跳ねるような挙動の馬ですから、まずもって適正は高くありません。

少なくとも前走からのパフォーマンスダウンは否めない。

 

 

前後の筋肉のバランスは良いものの、全体として見るとまだまだ幼さを残しています。

 

トモの張りなんかはかなり良くて、状態面に関しては文句ありません。

 

最終追い切り

栗東 CW 不良 並走

52.9-38.1-11.8

 

すこしうながす程度で、時計はまずまずですが負荷はそこまでかけていない様子。

 

結果的に並走馬に先着されましたし、そこまで仕上げることに対して積極的じゃない=既に仕上がっているものと思われます。

 

馬体も良いですからね。順調でしょう。