読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイデオロ 馬体 追い切り

レイデオロ

藤沢厩舎

キングカメハメハ産駒

母父シンボリクリスエス

 

ダービー

馬体

良い雰囲気になってきました。

大きな上昇はないですが、休み明けの皐月賞時よりは上がっています。

まあそれでも「仕上げてきた!」というような雰囲気は感じないし、本質的に2400は長いです。

 

牝馬は仕上げてくる藤沢厩舎ですが、牡馬クラシックは仕上げてこないのがセオリーです。造り的にも天秋で勝負でしょうか。

 

一週前追い切り

美浦南W

53.3-39.3-12.9

 

一週前でも軽く併せるような追い切り。

負荷もかかってはいませんし、外厩仕上げかな。ちょっと判断に迷う内容。

 

最終追い切り

美浦南W

68.5-52.3-38.1-12.5

 

少し収縮性が上がって状態は上昇しています。終いの時計も短縮され、推進力があがっています。

 

 

 

皐月賞 5着

馬体

大きな特徴として「硬さ」があります。

脚が長い反面、可動域が狭くストライドが伸びないところが場面によっては大きな欠点になります。

 

備わっている筋肉は良質なので、自身の走法・構造にフィットしたレース、すなわち重い馬場でのレースであれば高いパフォーマンスを発揮できます。

 

対照的に軽い馬場や、一瞬のキレが要求されるような舞台には弱い。

 

造りは違えども、展開に対する適正はサトノクラウンと近いイメージですね。

 

中山2000での実績はありますが、どちらも時計のかかったレースで持ちタイム自体は平凡。

今回の皐月賞がそのような時計に収まるのなら勝機はあるでしょう。

 

現状の状態面はまずまずですが、まだ余裕残しです。

 

最終追い切り

美浦 南W 重 並走

54.4-39.9-12.8

 

3頭併せの内を走ります。

あえて併せるような挙動ですが、その後追ってもイマイチ伸びず。

 

適正的にこのコースであればしっかり突き抜けて欲しかったですね。