読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞春2017 結論

印だけ。

 

◎サトノダイヤモンド

▲キタサンブラック

△レインボーライン

 

サトノダイヤモンドは状態面が過去最高です。馬体の美しさも個人的に今までに見たことのないレベルなので、外枠のハンデはあっても◎を打ちます。

ルメールが外外回すことは考えられないし1週目にはキタサンブラックの後ろにいるでしょう。

 

◯の馬は、こちらも昨年以上の馬体で枠も良い。素直に京都適正を買って2番手評価。

 

キタサンブラックは枠やレースを支配できるポジションであることは大きな強みですが、実績はあっても京都はベストではない。相手強化の今回は3番手。

 

レインボーラインもある程度早めから前目につけることができれば可能性はある。ただ前走見る感じだと継続して末にかけたい騎乗にはなるかな。

3着狙って3着取れる馬。

 

あとは個人的な馬券への落とし所ではゴールドアクターの取り捨てでしょうか。

ある意味キタサンにとって1番嫌なのは横典の早仕掛けでしょう。

ゴールドアクターに突き放される前にギアを上げなくてはならないので、そうなるとキタサンにとっては辛い。

 

シャケトラは走法と造り的に適正は高くないでしょう。

 

あとは人気のないところで...と思ったのですが、今年は見当たらないですね。

タマモベストプレイだけは抑えておきたい気持ち。