読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【北九州記念】追い切り前馬体チェック

こんにちはよもうま (@yomouma) | Twitterです。

さて昨日に引き続き、今日は北九州記念です。

 

 

北九州記念 2016

馬体チェック

 

ベルカント 角田

前走のアイビスSDは完璧に「仕上げて」きました。馬体、追い切り、そしてデムーロ配置と全てが満点でしたので、今回はそのお釣りがあるか、状態はキープ出来ているかが注目ポイント。

という点を意識して、今週の馬体を見てみると、前走比で胸のハリが落ち着いています。若干の疲労と、そこからの輸送で状態を下げる可能性もありそうです。

それでも高い水準はキープしています。適正値高め、今週を無難にこなせば連覇の可能性は見えてきます。

 

 

 

プリンセスムーン 安田

こちらもベルカント同様、前走に標準を合わせていた1頭。ポイントは同じで、どれだけ状態をキープ出来ているかに尽きます。

馬体自体は幾分余裕があって、少なくとも前走のダメージは感じない映りとなっています。

 

 

 

ローズミラクル 羽月

アイビスSD組の3頭目。

上記2頭に比べると、前走よりはこっちを目標に仕上げてきている印象で、重苦しく見えた馬体もスッキリしてきました。

ハリも出ており素晴らしい馬体です。

脚が短く小回りが利くタイプです。瞬間的にキレを生めるのでコース替わりはプラスに働きます。

 

 

 

 

ジャストドゥイング 中竹

7月に福島で2回走らせ、今週は小倉。少しタイトでハードな使い方です。

馬体にはさほど影響は出ておらず、メリハリのついた造りです。

気になるのは、少しポテンシャルの面で、重賞では劣りそうなシルエット。

小回りも本質的には得意ではないです。

 

 

 

ラヴァーズポイント 高橋康

牝馬ですが500キロの馬体でハンデの恩恵がプラスに働いています。やはりスプリントで51キロの斤量は魅力ですね。

胸、トモとしっかり筋肉が発達しており、相当大きく映しています。

まだまだ余裕のある馬体ですが、最後意欲的に消化できれば高い状態で出走できます。

 

 

 

オウノミチ 佐々木晶

スラッとしていてとてもスプリンターには見えませんが結果が出ているので適性はあるのでしょうね。

馬体は非常にバランスのとれた美しいシルエットで、筋肉のハリも上々。状態は良いです。

 

 

次回は追い切りチェックです!

 

札幌記念の馬体チェックはこちら☆

【札幌記念】追い切り前の馬体チェック - よもうまの追い切りシリーズ

 

☆追い切りの勉強にどうぞ!☆
すぐに身につく追い切りの見方/コース追い編 - よもうまの追い切りシリーズ